2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

書道展に行ってきました。

札幌在住の書家 若山象風さんとその社中展に行ってきました。
自分の母がこちらの社中に所属しているので、母の作品も展示してあります。
DSC_0020_20091028172837.jpg

若山先生は古くから お店のお品書や店名ロゴの書デザイン?も書く活動もしていて、市内の花屋さんも結構依頼して書いてもらっているお店があります。
ちなみに ウチもそーです。

で、御祝のお花を持って 会場へ。
DSC_0017_20091028172836.jpg
母の書も 素敵な表具で飾られていました~。

毎回 色々な花屋さんからお届けされている 御祝花を見るのも 楽しみの一つ。
ウチからの御祝花きはこんな感じ~。
DSC_0016_20091028172837.jpg

若山象風&社中展
ススキノ ラフィラ(旧ロビンソン)にて 11月3日までやってまーす。
スポンサーサイト

| デザイン | 17:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良より来ました。

昨日、奈良県郡山市のお花屋さん 通称「花鹿男」様より プログ通算300回記念プレゼントの品が到着致しました~!

DSC_0002_20091022130100.jpg
せんと君グッズ!

有意義に使わせて頂いております。
DSC_0006_20091022130059.jpg DSC_0011_20091022130059.jpg

花鹿男様 どうもありがとうございました~!!
ちなみに 胸ポケットにせんとくんボールペンを入れて コンビニに行ったら 店員の目が釘付けになってました・・。


| その他 | 19:26 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌カップ反省会しました

先日 札幌カップの反省会を致しました。
で、今年は電球の補充などのイレギュラーな出費もあったのですが、なんとか単年度の赤字にはならないですみそうです。
北九州への派遣代も出せる感じ。(良かった~。)

ちなみに 今回 派遣するのは 今年ゴールド賞を獲った 小樽の原田生花店の原田君。
細かい作り込みも得意そうなので、九州でも勝機はあるかも。(つーか 勝って 北海道にカップ持って来てホシィなぁ)
北九州カップは札幌カップと同じ様な規模で開催されているという オープンコンペなのですが、なんと持ち込み作品審査後に 成績上位者によっての びっくり箱形式のファイナル競技があるという処が 札幌カップと違うかな。
(札幌カップも考えるかなぁ~)

優勝賞金も10万も出るっ!!(原田くん ヨロシク。)

つーか 俺も出たい・・・。

札幌カップも若干マンネリ化してきたのて゛、優勝者にはこーゆー 交流試合に出れる特典が付帯するパターンが定着出来れば 出品者のレベルアップと意欲アップに繋がるのでないかなぁ~ 。
今年は9月が忙しくて動けなかったので 告知不足の部分があったのですが、来年はもうちょっと早くから告知して行きたいと思います。

DSC_0016_20091010174415.jpg

| | 12:26 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

道花連青年部

先日の葬儀のあった日は 道花連青年部の役員会の開催日でした。
しかも この日に限って 旭川開催です。。(いつもは札幌開催が多いのですが。)

お通夜に出席した自分と 青年部部長の杉本くんは、お通夜終了後 一路旭川へ向かいます。
当所の予定では19時よりの会議でしたが、一時間遅らせて20時開始にして貰いました、が、
札幌~旭川間はどんなに飛ばしても2時間以上掛かります。
という事で 着いた頃には 会議も終盤・・・
重要な会議は 2次会で決めることにして 場所移動。
(それにしても 会議場に設定して貰った 喫茶店。かなりディープ旭川な場所で、喫茶店なのに掘りごたつ式の個上がりがあったり・・ 客が居るのか居ないのか分からない作りだったり、看板がどー見ても喫茶店じゃなかったりと 面白かった。)

二次会場所で 色々な案件を決めて行くのですが、今回の役員メンバーはかなり風通しが良く、いい案も出て 杉本部長の目指している青年部の形が見えてきた感じ。
来年10周年を迎える青年部。周年行事の計画も進んで?来て、エコ・プロジェクトもいよいよ 開始。
自分が 青年部に入って5~6年経ちますが、現青年部(役員)が一番活動的に動いてるんじゃないかな。(行事が多いのも起因していると思いますが~。)

| | 13:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祭壇作り

しばらく 札幌カップネタが続いていましたが、土曜日(3日)の審査終了後 審査して下さった小林氏と自分&実行委員長でささやかながら 九州から来て頂いた花屋さんと交流会をいたしました。
その帰りに小林氏から お母様の容態が悪いと聞いていたのですが、こんなに急な事になるとは思ってませんでした。


火曜日は 友前で斎場が空いていると言う事で、現場で有志のお花屋さんが集まって花作りをお手伝いさせて頂きました。
091006_1603~0002 091006_1841~0001
祭壇のプロの方の手によって 素晴らしい菊の模様を作ってもらい、自分らは写真周りの「お花畑」を担当。
091007_1731~0001
小林氏指示は「アップダウンをつけた お花畑風に、マッスで使って~。」 ってな感じ。
三浦、岡田、若林で制作。

祭壇がひと段落したところで、祭壇担当者3名は組合の理事会出席する事に~。
若手花屋からは オブジェ一つ御供えさせて頂く事になっていたので、そちらの制作は花光チャンに全てお任せして会場を後にしました。

次の日 市場から戻って 一仕事してからお通夜に出席させていただいたのですが、お花屋さんの葬儀らしく、しかも 新しい感覚も取り入れた素晴らしい会場になっていました。
CA340412.jpg

CA340411.jpg←こちらが花光制作完成品。

まさしく花葬。
謹んで故人のご冥福をお祈り申し上げます。

| | 16:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

道花連講習会をちょこっと報告

札幌カップと同時進行で行われている道花連のフラワーデザイン講習会。
今年は 自分が講習会のコメンテーターという事で、任務完遂。
DSC_0139_20091008131553.jpg
ぶっちゃけ かなり無口なコメンテーターぶりで 申し訳ありませーん。

札幌カップの方の疲れも出てきて、なんとなくボーッとしてました・・・。
DSC_0174_20091008131552.jpg
↑だんだん コメンテーターと言うより「ただ近くで見てる人」風に・・・
先生が 結構 説明しながら制作して頂いたので、自分は助かりました。

もし次回があったら 今回の反省点を生かして挑もうと思います。

| | 14:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌カップのその他

札幌カップの作品写真は札幌カップホームページの方にアップ致しましたので ご覧下さい~。

で、手作りカップの様子~。
年一回の事ではありますが、実行委員会のメンバーも10回目ともなればかなり手馴れた感じで設営が出来る様になりました。
DSC_0018_20091008131417.jpg 実行委員長の本間くん。
DSC_0022_20091008131417.jpgバックの壁作りも 大分スムーズに。
ただ、やはり前日設営&準備に来れる実行委員も少なく、毎年少数精鋭部隊&助っ人部隊で作っています。(この 前日のお手伝いは随時募集していますので、ヨロシクお願いします。タスケテー。)
DSC_0030_20091008131416.jpg

DSC_0045_20091008131416.jpg
会場が出来ると 作品の搬入です。
札幌カップは 展示台に置いてから制作してもOKの「ゆるーい」コンペなので、展示台周辺はかなり混雑します。

作品搬入が終わると 審査の開始です。
DSC_0059.jpg DSC_0118.jpg
今年も 三浦氏、小林氏、さくらさんの3人にお願いしまして、審査して頂きました。
(今年も11時過ぎの深夜まで作業して頂き、ありがとうございました。)

DSC_0165_20091008131416.jpg DSC_0038_20091008131417.jpg




| | 13:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌カップⅩ終了

まずは 沢山のご来場、ご協力ありがとうございました。
また 参加者の皆様方には 毎度お馴染みの「余り良くない展示環境」での出展にも係わらず 出展して頂き、本当にありがとうございます。

ぶっちやけた話、ここ数年は カップのマンネリ化と実行委員の意欲(情熱)の減退もあって 存続の危機に瀕している札幌カップですが(会議の時ヤルかヤラナイかの話も出てます)、札幌カップを楽しみにしている花屋さんや関係者、参加者さんに毎回救われています。
設営や運営スタッフは随時募集していますので、情熱のある方 カモーーーン。

という事で、今年の札幌カップ。
結果的に 45名の作品が集まりました。

で、審査の結果
1位 ゴールド賞は 小樽市 原田生花店 原田晴雄
2位 シルバー賞  札幌市  花絵  若狭美奈子
3位 ブロンズ賞  石狩市  石狩花園  松谷みどり
と、なりました。

一次審査通過は7名という感じで 今年は結構難しかった(テーマが)様でした。
(いやーー、自分が今年出してたら一次通らなかったんじゃないかなぁ・・・)
作品写真の方は後日 札幌カップホームページにアップ致します~。

九州から交流試合に来て頂いたお花屋さんとも 短い時間でしたが交流を持てまして 九州のお二方ご苦労様&ありがとうございました。
また 交流にご尽力頂いた 山本省吾さん&小林辰也さん 実行委員長に代わりましてお礼申し上げます、ありがとうございました~。 (省吾さん 来月 コッチからも一人行けそうですのでヨロシクお願い致します。)

で、ここから またまたヤジ馬話。
やはり 他のカップやコンペで経験を積んでいる人の作品は 作品としての完成度が違う感じでした。
北海道にはオープンコンペが札幌カップ位しかないのでどーしょうも無いのですが、他組織のコンペなどに出品して何度か経験を積まないと いきなり上位に残るのは難しいかなぁという感想と、札幌カップの生い立ちにも起因する 「かなり自由奔放なコンペ」だなぁ という感想を持ちました。(主催者が言うのも何なのですが・・)

で 10回開催していると 札幌カップの入賞者のデザインの傾向が見えてきます。
  来年 出してみようという方の為の簡単なヒント。

1、「テーマ」に沿いつつも 一ひねり。(ストレート過ぎると 稚拙になる場合があります。かと言って捻り過ぎると訳分からん作品になるけどね)
2、完成品の全体のバランス&フォルムを客観的に見てみよう。(印象審査時にかなり重要視されます。)
3、ここは見て欲しいと言う「見せ場」を中心に作ろう。(作品に請求力が生まれます。)
4、雑にならない様に モチベーションを大切に。(失敗する一番多いパターンに「器作りに懲りすぎて、花は適当・・」というパターン。最後まで頑張ろう。(審査員は作品裏も見ます。))
5、足してから 引いてみよう(ひと呼吸置いてから、要らない花・線を整理すると スッキリして来るヨ)

以上 偉そうに書いてますが 全部出来てたら苦労しません。特に自分。
しかし、歴代入賞作品を見てみると 上記パターンをクリアしている作品が選ばれていると思います。
入賞を目指すのであれば 上記に気をつけましょー。
(作品展的に自分の作品を多くの人に見て欲しいので出してます~という方は、そのままでもOKだと思いますが・・・)





≫ Read More

| | 02:58 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌カップⅩ やじうま最新情報~。

10月2日現在 滑り込み申し込みも含めて46名のエントリーを頂いております。

北海道では 自分の係っているフラ・コンが札幌カップも含めて3つあるのですが、近年 主催者側があまり参加を働きかけないで これだけ作品が集まるのは札幌カップぐらいじゃないでしょうか・・。(他の2つは組織内のフラコンなので 必然的に参加資格者が絞られるからなんですが。)
自分も 今回 参加者が少なかったら 出品するかなぁー と思ってましたが(人数合わせ的に・・、) 大丈夫みたい。

主催者一員として 多数のエントリー ホントーにありがとうございますっ!!!

で、ここから やじうま的記述。
今回も有力(有名?)選手が多数エントリーして頂けましたっ。
今までの札幌カップの入賞経験者が11名。(ぶっちゃけ ベテランだからって入賞するとは限らないのがフラコンの面白い処ではありますが~)
現時点で日本2位の方も出品してくれるみたーーい。(ウシシ)

反面、○○くんや○○ちゃんなど 札幌以外の若手有力株が参加してないのが ちょっと残念。
心当たりのある人は 来年ヨロシク。


で、お店の方が明日、明後日と仕事が結構立て込んでます・・・・。
明日は14時までには なんとかしないと・・・・。(ハゥ)
DSC_0014_20090930204328.jpg

| | 21:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。